もののふチゲん

仰げば尊し

ポカポカ陽気なある休日。
お爺さんがベンチに座り草笛を吹いていました。
私は、しばしその音色を聞いていました。
ゆっくりと歩きながら。

その情景は春らしい陽気もあいまって、ほのぼのとした何とも心地良いものでした。


「仰げば尊し」
お爺さんは懐かしい曲を吹いています。
時節柄でしょうかね~。

ぷーぷ~ ぷーぷ~ ぷーぷ~ ぷーぷ~

甲高い音から始まる仰げば尊し。
(おっとこれは大丈夫か?)
そんな不安は的中。
要所要所、コントのようにキーを外すお爺さん。

一生懸命、ニヤケ顔をこらえました。

お爺さんに悟られないよう顔を背ける私。
辺りに響き渡る可愛らしい仰げば尊し。
さらに演奏は2番へ突入。

ぷーぷっ ぷっぷぷ~ ぷっぷーぷぷっぷ~♪

アドリブのノリノリヴァージョンに変化。
ここが私の限界でした。


お爺さんあっぱれ!
[PR]
by chigen | 2009-04-07 23:59 | 自我
<< ミサイルが発射されたあの日・・・ よしあし >>



痴言を呈す
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31