もののふチゲん

時計の誤差

どうして、あんなしょーもない嘘をついたんだろう。

まだ低学年の頃、友達と腕時計のことで言い争いをしていた。
お互いの時計に数分の誤差があったためだ。

その言い争いをそいつの兄貴が中立の立場で聞いていた。
そう、ジャッチメン。

その友達はこう言った。
『俺は「いいとも」を見ながらTV画面に出ていた時計で合わせた。だから間違ってない』
兄、うなづく。

最初に言っておくが、私の時計の方がずれていたのだ。まず間違いないだろう。
でも、このまま引き下がるのは悔しかった。認めたくなかった。
今だったらそんな些細な事、気にもとめないのに。

そして私はこう言った。
『俺は電話で時報を聞いて合わせたんだよ』
相手がTVならこっちは時報だ。というか、それしか浮かばなかった。

そいつの兄はすこし考えた後に言った。
『それなら時報の方が正しいと思うよ』
勝負は決した。

勝った。嘘をついて勝った。

兄は極めて中立だった。
しかし今考えれば、TVと時報に数分の誤差がある事は問題である。
明らかにどちらかが嘘をついているのは明白だ。

はいそうです。私が嘘をついております。
つまらない意地のため、しょーもない嘘をついております。
すいません。

果たして2人は気付いていたのだろうか。
あの時の悔しそうな友人の顔が忘れられない。
[PR]
by chigen | 2008-04-19 05:18 | 自我 | Comments(1)
Commented by sasurai_johnny at 2008-05-01 18:57
兄貴は全てを理解していただろうね
<< イメージの会話 小心者 >>



痴言を呈す
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31