もののふチゲん

小心者

人通りの少ない夜道を歩いていると、いつも思うんです。

前方に女性が歩いていると中々追い抜けません。
あえて適度な距離を保とうとします。
無理に追い抜こうとすると恐がられてしまうし、かといって歩くのが遅い人だとこっちが不自然になってしまう。ここが難しい。

夜道の女の一人歩き。そりゃ恐いのは分かります。
こっちもわりとデカイ図体してますもんで、なおさらでしょう。
ものすごく警戒されてるなぁと感じる事もあります。何度も振り返られたり。
でもね。でも、じゃーどうしたらいいんでしょう。
わからん。

気にしなきゃいいんでしょうか。普通はこんな事気にしないんでしょうか。

以前、追い抜いた時に『キャッ』と軽く悲鳴を上げられました。
そのせいで気になるようになったんだと思います。
その時も別に何もしてないんですよ。
家路に向かって歩いていただけなのに。

それからはこの適度な距離を保つ。
もしくはあえて足音を大きく出す、ようにしています。
俺は小心者だ。
[PR]
by chigen | 2008-04-18 04:19 | 自我 | Comments(1)
Commented by sasurai_johnny at 2008-05-01 18:58
口塞いだりしたらさらにややこしくなるからな
<< 時計の誤差 ペットボトルのコーラ >>



痴言を呈す
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30