もののふチゲん

子は宝だ

先日、買い物をしているときの1コマ。

目の前には3歳くらいの男の子が商品を見ながら遊んでいた。
その子の後ろを通り過ぎようとしたとき、その子は突然振り返り、
「パパァ」
と私を見て言った。

急のことだったので一瞬たじろいでしまった。
私は未婚で、ゆえに子供もいない。

どういう言葉を返そうかなと考えようとした時に、私がパパじゃない事に気付いたその子は走り去ってしまった。

その後、買い物をしながらあの子の言った、
「パパァ」
の余韻に浸っていた。

もともと子供が好きなのだが「父親も悪くないな」と感じた出来事だった。
それと同時に、瞬時にオッサレ~な返し文句を言えなかった自分が悔しかった。

以上。
[PR]
by chigen | 2008-04-27 05:03 | 自我
<< さっきから… 破廉恥 >>



痴言を呈す
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31