もののふチゲん

光り輝く歴史

一昨日の記事を書いてて思い出したこと。

それは小学校6年生の時。
当時、人気絶頂の宮沢りえさんがヌード写真集を発表しました。
タイトル「サンタフェ」。
しかも当時ではめずらしいヘアヌード写真集です。

タイトルからして「すげー」って感じでしたよ、当時の俺には。
よく分からないが1度は見てみたいという衝動がありました。

しかし小学生。買う勇気もなければ財力もない。

そんな中、クラスの女子が持っているという事が判明。
男子数人で懇願しました。
「頼む、見せて、頼む、お願い」

俺らの必死さが伝わったんでしょう。学校に持ってきてくれる事になりました。
先生に見つかったら大変です。しかも持ち主が女子ですから、その子にとってはかなり勇気のいる事だったでしょう。
ナイスファイト!ありがとうその女子(覚えてない)


そして放課後。屋上前の階段の踊り場。
6人(男子と女子が半々くらい)で1冊の本を囲む。
男女6人冬物語。

おもむろに手提げ袋から写真集を取り出す。
「ゴクッ」
男子、ツバを飲み込む。

「ご開帳!」
合図とともに本がめくられる。

そこには芸術という名の異世界が広がっていた。


正直、どんな感情で見ていたのか覚えてません。
でも「すごい」と思ったのは間違いないです。
何がすごいか。それはご想像にお任せします。

男子は全員無言です。女子はゲラゲラ笑ってました。
この辺で男女の成長速度の違いが見てとれます。

その後、いそいそと教室に戻りました。
クラスメイトから「どこ行ってたのー?」なんて言われて、
「ちょっと課外授業に」
と答えたかは定かではありません。


サンタフェ。
眩しかったっス。
あの頃の俺たちに、サンタフェは眩しすぎたっス。


おしまい
[PR]
by chigen | 2008-06-17 02:58 | 自我
<< せっかくなので… 6/16のえだまめ >>



痴言を呈す
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31