もののふチゲん

マスター

中学の頃、バスケ部に所属してました。
補欠だったので、大概はベンチを温めていたわけです。

ある時。
練習試合の最中のことでした。
「おーいチゲ」
顧問から声がかかりました。
「よっしゃ!俺の出番だ」
あまり出場機会が無かった私は、喜んでジャージを脱ぎながら(中はユニホーム姿)顧問のもとに向かいます。

「はい!」
と言って近寄ると顧問は言いました。

「コーヒーを入れてきてくれ」
がーん。

「チゲのいれるコーヒーは美味いからな」
がーん。駄目押し。


ガラスのハートはもろくも崩れ去りました。
[PR]
by chigen | 2008-07-22 02:50 | 自我
<< 揺れた 涼風 >>



痴言を呈す
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31