もののふチゲん

カテゴリ:他我( 16 )

残り香

帰宅時。
エレベーターに乗る。


「うっ!? くさっ!!」
強烈な硫黄臭。





個室への置き土産 禁止!!
[PR]
by chigen | 2009-02-14 23:59 | 他我

ラブレター

チゲくんへ

ずいぶん前のことになりますが、覚えてるかな?
3年前くらいに付き合っていたブルマです。
すごく短い期間だったから私の事を恋人だって思ってなかったかもしれないけど…
わたしは、恋人だったとおもっています。
すれ違いばかりで連絡をとらなくなってたのだけど、どうしてもチゲくんに言いたい事があるので、手紙を書きました。

ゴメン。まず謝らせて。
あの頃はまだまだ子供のような考え方で・・・わがままで・・・たくさん迷惑をかけちゃったね。
自分勝手すぎる理由で別れようと言ったり…。
少しだけど大人になった今、本当に後悔してるんだよ。
本当にごめんなさい。

そして今の私はチゲくんの事を、どんなに忘れようとしても、あきらめようとしても、できませんでした。
今頃になって、自分にとってチゲくんがどれだけ大きな存在だったのかに気づいたんです。
今も変わらず…ううん、あの頃よりもチゲくんのことが大好きです。

今はチチと付き合ってるって、ランチに聞きました。
もし私の事が重荷になるようだったら、すぐにこの手紙を捨ててください。
そして忘れてください。
でも、もし、少しでも可能性があるなら…
11月28日18時に神様の宮殿で待っています。

ブルマより


ドラゴンボールからのラブレター
[PR]
by chigen | 2008-11-24 23:59 | 他我

ある先輩の格言


「パソコンはエロで覚える」








【解説】
・・・するまでもありませんが。飽くなき探究心。
この先輩の机の引き出しには・・・。
これも解説するまでもない話です。
[PR]
by chigen | 2008-11-23 02:39 | 他我

おだやかな休日

とある親子がキャッチボールをしていました。

小学生くらいの子はピッチャーで。

お父さんらしき人はキャッチャーで。



バッターもいないのに、硬式ボールでもないのに、

お父さんはキャッチャーマスクとレガース(すねあて)を着用。



ただ使いたかったのか。

それともウケ狙いか。





今夜は冷えそうだ。
[PR]
by chigen | 2008-09-27 23:36 | 他我

黄色いの

よく通る道がありまして。

そこは家からほど近い場所。

両サイドは草がボーボーの階段です。




先日そこを通ったら、ちょいとおかしな事になってました。

「ん?」

b0140022_23185571.jpg



「ピカ?」




あぁーピカね。うんうん。

「ん?」







b0140022_2319410.jpg



並んでるね。なぜ?
[PR]
by chigen | 2008-09-18 23:59 | 他我

日替わりだったよねぇ。。。

先日のこと。
仕事中に偶然、小学校の同級生に会いました。
相手は気付いてない様子だったので、こちらから言ってみました。

チ 「Kさんですよね?OO小学校でしたよね?チゲです。覚えてます?」
K 「あぁー!覚えてます覚えてます。日直の」
チ 「日直?」
K 「ええ。日直」


なぜ日直。。。
[PR]
by chigen | 2008-08-13 23:59 | 他我

いらっしゃいませ

世の中には色んな「いらっしゃいませ」がある。


よく行っていたファミレスのパートさん。(たぶん)
「いらっしゃいませーぇー↑」
語尾に声が裏返る。何度聞いても裏返る。
それを聞きたいがために、よく足を運んでいた。
そのパートさんの名前も覚えてしまうほどインパクトのある「いらっしゃいませ」だった。


とあるガソリンスタンド。
体育会系で威勢がよくサービス満点のガソリンスタンド。
その店長。
「いっしゃっしゃせーーー!
何言ってるか分からない。
ハッキリ聞こえるのは最後の「せーーー!」だけで、語尾をかなり伸ばす。
混雑時は引っ切り無しに聞こえるので、なんとも壮大である。


最後は牛丼屋。
高校生くらいで体格は立派だが気弱な感じ。
おそらく初めてのアルバイトだと思われる。
そのバイト君。
「#らз%○△ω▼ё」

「ら」しか聞こえない。

不慣れすぎて、所々カミまくっている彼。
そんなところが可愛らしく、店内は和やかな空気だった。
客は帰り際に彼のネームカードを見て、
「××君、頑張れよー!」
と次々に声をかけていく。
店長苦笑い。

どこか応援したくなるような憎めないキャラクターが、
そこにいた人達をハッピーにしていた。


人の数だけ、店の数だけ「いらっしゃいませ」がある。
[PR]
by chigen | 2008-06-29 23:59 | 他我

TTT

中学の頃の友人Tの話。

Tは部活の先輩からNBAのビデオを借りた。
当時、人気絶頂だったアメリカのプロバスケットボールリーグ「NBA」。
バスケ部に所属していた我々は、
マイケルジョーダンといったスター選手のプレイに夢中だった。

日曜の夕方、彼は自宅の居間でそれを観賞した。
「先輩からNBAのビデオ借りてきたから、今から見るね」
家族に告げ、ビデオをセットし再生をポチッと押す。
ビデオが再生され画面にタイトルが表示される。



『スーパーボディコンガール☆』


Tが慌てて止めたのは言うまでもありません。
切ないねぇ。
[PR]
by chigen | 2008-06-28 23:59 | 他我

殿の日常

b0140022_0305452.jpg


これ。100均で購入したものです。
あまり使ってません。

お店で見つけ、文字が何種類かあったので選んでいました。
開いて色々と確認していると小学生くらいの男の子が近寄ってきました。
私が奇妙だったんでしょうか。無言で私の行動を観察しております。

その子にこの扇子を見せて尋ねてみました。
「これ、何て書いてあるか分かる?」
その子は黙って首を横にふりました。
「これはねぇ、【殿】って書いてあるんだよ。お兄ちゃん殿なんだ」

私がそう言うと、その子は走って逃げていきました。
なんでやねん。

それからのその子はコッソリ私の様子をうかがっていました。
つかず離れず。絶妙なポジショニングでした。

買い物が終わり、私が出口へ向かうと、
その子は追いかけるようにやってきて少し離れた所で私を見ていました。

「ばいばい」
軽く手を振ると、その子は嬉しそうに笑い、大きく手を振り返してきました。


心温まる俺とその子のお遊びでした。
[PR]
by chigen | 2008-06-19 00:52 | 他我

発想やら感性やら

小学生が歌いながら歩いてきました。

何歌ってるのかな?と思い、聞き耳をたてていました。

すれ違いざま聞こえたのは、

「…しじみ汁♪」


続きが聞きたかったです。
[PR]
by chigen | 2008-05-27 23:36 | 他我



痴言を呈す
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31