もののふチゲん

タグ:小心者 ( 5 ) タグの人気記事

地獄絵図

話長くなります。
高校の頃。友達5人(俺含む)とウチで遊ぶ約束をしていた。
3人は後から来ると言うので先に来た友人と遊んでいた。

遅いなぁなんて話していると、友人から電話が。
「悪い、迎えに来て。もう無理」
え?何が無理?
急いでチャリンコに乗り、2人で友人を迎えにいった。





現場のコンビニ前に到着すると、
そこには地獄絵図が広がっていた。


b0140022_18264195.jpg

なんじゃこりゃ。

左の友人S。彼が電話をしてきた。
「よっ!時間あったから3人で飲んでたら飲みすぎたぁ♪」
もの凄くニコニコしている。

右の友人T。彼はわりとクールなのだが道行く人たちに声をかけまくっている。
彼はほっとこう。

前も登場した真ん中の友人R。彼は重症。マーライオンばりの噴水になっている。
まず彼を介抱することに。この状態では連れて帰れないので、
Rの家に電話をしてRのお姉さんに迎えに来てもらうことにした。


そうこうしていると向こうから警官が歩いてきた。
やばい…。
我々は未成年。飲酒は違法。
大学推薦をひかえたこの時期に補導されたら間違いなく推薦はアウチ。

「あーあ。大丈夫?」
やはり声をかけられた。ぐっ…。

「ええ、大丈夫です。すいません。さっさと連れて帰りますから」
早く去ってくれと思いつつ会話をしていた。
「君たち年いくつ?」
やべぇー。これはやばい。話が核心に触れている。
「に、にじゅっさいです…」
「あ、そう。ちゃんと掃除してここのお店の人にお詫びしてから帰るんだよ」
「はい。わかりました」
警官は去っていった。

助かったぁ。慌てて20歳と言ったけど普通なら「ハタチです」って言うよなぁ。
何はともあれ良しとする。


そのうちにRの姉が彼氏を連れ到着。
「何やってんのR!」
姉は呆れ顔。
190の巨体のRをなんとか車に押し込め、Rは帰宅。
残り2人。

そのころ友人Sは、
「時間あったから3人で飲んでたら飲みすぎたぁ♪」
まだ言っている。

友人Tは、具合悪くなってしゃがんでいる。
彼はほっとこう。


その後、目の前のコンビニのご好意で、外の水道をお借りして道路の掃除。
綺麗になったところでコンビニで買い物をし、御礼を言ってタクシーで我が家に帰宅する。


翌日、Rから電話がきた。
「なんか気付いたら自分の部屋にいるんだけど。風呂入って髪洗ったらゲ○くさいし、前歯欠けてるし。はっはっは♪何があったの?」
やはり覚えてないのか。。。

彼の美学。
『酒は潰れるまで飲む!じゃなきゃ楽しくないでしょー!!』
B型のRよ、その陰には介抱して掃除&後片付けをする人がいる事を忘れんでくれよな。


とりあえず、すべてが無事に済んで良かった良かった。
そんなことを思った若き日の俺でした。
[PR]
by chigen | 2008-05-24 19:41 | ものづくり | Comments(6)

『それでもボクはやってない』

周防正行監督の『それでもボクはやってない』をみた。
ずいぶんと前に話題になっていたので知っている人、実際に観た人も多いだろう。
これは痴漢冤罪をテーマにした映画である。

同じ男として、その辺のホラー映画よりよっぽど恐いというのが正直な印象。
これが現実かと。

ほとんど電車は利用しないが、
ますます乗りたくなくなった。
[PR]
by chigen | 2008-05-01 04:39 | 感想の類 | Comments(2)

子は宝だ

先日、買い物をしているときの1コマ。

目の前には3歳くらいの男の子が商品を見ながら遊んでいた。
その子の後ろを通り過ぎようとしたとき、その子は突然振り返り、
「パパァ」
と私を見て言った。

急のことだったので一瞬たじろいでしまった。
私は未婚で、ゆえに子供もいない。

どういう言葉を返そうかなと考えようとした時に、私がパパじゃない事に気付いたその子は走り去ってしまった。

その後、買い物をしながらあの子の言った、
「パパァ」
の余韻に浸っていた。

もともと子供が好きなのだが「父親も悪くないな」と感じた出来事だった。
それと同時に、瞬時にオッサレ~な返し文句を言えなかった自分が悔しかった。

以上。
[PR]
by chigen | 2008-04-27 05:03 | 自我 | Comments(4)

小心者

人通りの少ない夜道を歩いていると、いつも思うんです。

前方に女性が歩いていると中々追い抜けません。
あえて適度な距離を保とうとします。
無理に追い抜こうとすると恐がられてしまうし、かといって歩くのが遅い人だとこっちが不自然になってしまう。ここが難しい。

夜道の女の一人歩き。そりゃ恐いのは分かります。
こっちもわりとデカイ図体してますもんで、なおさらでしょう。
ものすごく警戒されてるなぁと感じる事もあります。何度も振り返られたり。
でもね。でも、じゃーどうしたらいいんでしょう。
わからん。

気にしなきゃいいんでしょうか。普通はこんな事気にしないんでしょうか。

以前、追い抜いた時に『キャッ』と軽く悲鳴を上げられました。
そのせいで気になるようになったんだと思います。
その時も別に何もしてないんですよ。
家路に向かって歩いていただけなのに。

それからはこの適度な距離を保つ。
もしくはあえて足音を大きく出す、ようにしています。
俺は小心者だ。
[PR]
by chigen | 2008-04-18 04:19 | 自我 | Comments(1)

ペットボトルのコーラ

小学生の頃、コンビニの前で友人とジュースを飲んでいた。
500mlのペットボトルのコーラ。

当時、そのコンビニの横にはイスとテーブルが3セット置いてあり、オープンカフェのようになっていた。といってもそんな洒落た物ではない。その一番手前の席で友人とジュースを飲んでいた。

一番奥の席にはその界隈で有名なホームレスのお婆ちゃんが座っている。
たくさんの荷物を周りに置いて、たくさんのボロ布を身にまとい、何をするわけでもなくただ座っていた。

好奇心旺盛な小学生にそのシチュエーションはたまらないものだった。恐いもの見たさだろうか。何かが起きそうな、何かを起こしたい、そんな感じである。
今思えばなんとも失礼な話である。

膠着状態が続いた後に、ひとつの案を思いつく。
その事を友人に告げ、実行に移した。

私はコーラを1/3程度飲み残し、テーブルの上に置いたままその場を立ち去った。
信号を渡り50メートルほど離れた場所で、私達はコーラの様子をうかがった。

5分たってもまだ変化はない。失敗に終わったか。
そう思った時だった。
さっきまで身動きひとつしなかったホームレスのお婆ちゃんが立ち上がったのだ。
ついにきた。

お婆ちゃんはおもむろにコーラに近づく。
コーラを手にとり、飲んだ。

コーラを飲んだ。

最初は半信半疑だった。まさか現実のものになるなんて。
わずかな感動の後に、恐怖感と罪悪感で寒気がした。
お婆ちゃんと間接キスをした。

私は小心者だ。
自分からやっといてビビるなんて。

この件は記憶力の悪い私の脳裏にしっかりと刻まれる出来事となりました。
今さらながら、ホームレスのお婆ちゃんごめんなさい。
[PR]
by chigen | 2008-04-17 05:19 | 自我 | Comments(1)



痴言を呈す
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30