もののふチゲん

地獄絵図

話長くなります。
高校の頃。友達5人(俺含む)とウチで遊ぶ約束をしていた。
3人は後から来ると言うので先に来た友人と遊んでいた。

遅いなぁなんて話していると、友人から電話が。
「悪い、迎えに来て。もう無理」
え?何が無理?
急いでチャリンコに乗り、2人で友人を迎えにいった。





現場のコンビニ前に到着すると、
そこには地獄絵図が広がっていた。


b0140022_18264195.jpg

なんじゃこりゃ。

左の友人S。彼が電話をしてきた。
「よっ!時間あったから3人で飲んでたら飲みすぎたぁ♪」
もの凄くニコニコしている。

右の友人T。彼はわりとクールなのだが道行く人たちに声をかけまくっている。
彼はほっとこう。

前も登場した真ん中の友人R。彼は重症。マーライオンばりの噴水になっている。
まず彼を介抱することに。この状態では連れて帰れないので、
Rの家に電話をしてRのお姉さんに迎えに来てもらうことにした。


そうこうしていると向こうから警官が歩いてきた。
やばい…。
我々は未成年。飲酒は違法。
大学推薦をひかえたこの時期に補導されたら間違いなく推薦はアウチ。

「あーあ。大丈夫?」
やはり声をかけられた。ぐっ…。

「ええ、大丈夫です。すいません。さっさと連れて帰りますから」
早く去ってくれと思いつつ会話をしていた。
「君たち年いくつ?」
やべぇー。これはやばい。話が核心に触れている。
「に、にじゅっさいです…」
「あ、そう。ちゃんと掃除してここのお店の人にお詫びしてから帰るんだよ」
「はい。わかりました」
警官は去っていった。

助かったぁ。慌てて20歳と言ったけど普通なら「ハタチです」って言うよなぁ。
何はともあれ良しとする。


そのうちにRの姉が彼氏を連れ到着。
「何やってんのR!」
姉は呆れ顔。
190の巨体のRをなんとか車に押し込め、Rは帰宅。
残り2人。

そのころ友人Sは、
「時間あったから3人で飲んでたら飲みすぎたぁ♪」
まだ言っている。

友人Tは、具合悪くなってしゃがんでいる。
彼はほっとこう。


その後、目の前のコンビニのご好意で、外の水道をお借りして道路の掃除。
綺麗になったところでコンビニで買い物をし、御礼を言ってタクシーで我が家に帰宅する。


翌日、Rから電話がきた。
「なんか気付いたら自分の部屋にいるんだけど。風呂入って髪洗ったらゲ○くさいし、前歯欠けてるし。はっはっは♪何があったの?」
やはり覚えてないのか。。。

彼の美学。
『酒は潰れるまで飲む!じゃなきゃ楽しくないでしょー!!』
B型のRよ、その陰には介抱して掃除&後片付けをする人がいる事を忘れんでくれよな。


とりあえず、すべてが無事に済んで良かった良かった。
そんなことを思った若き日の俺でした。
[PR]
by chigen | 2008-05-24 19:41 | ものづくり
<< 最上級の賛辞 紫の群れ >>



痴言を呈す
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30